働き方 旅行

長野県千曲市で温泉地を巻き込み「温泉MaaS」を開始

千曲市ワーケーションウェルカムデイズ

こんにちは。ともログ管理人です。

コロナ感染拡大の収束が見通せない中、私たちの働き方にも新しい取り組みをする企業や観光地、行政などが増えてきました。
今日、ご紹介するのは、群馬県千曲市と温泉地を含むワーケーションサービス「温泉MaaS」の取り組み。

「MaaS」とは

近年、よく聞くようになった「MaaS」という言葉。MaaS(マース)とは「モビリティ・アズ・ア・サービス」の略。
2015年にフランスボルドーで行われたITS世界会議で結成された「MaaSアライアンス」という組織では、以下のように定義しています。

「さまざまな形態の輸送サービスを統合した、オンデマンドでアクセス可能な単一のモビリティサービスとしており、MaaSオペレーターは利用者の要求を満たすべく、公共交通、ライドシェア、カーシェア、自動車シェア、タクシー、レンタカーなどさまざまな交通手段のメニューを用意すること」

長野県千曲市「温泉MaaS」では、温泉地を含む観光地で「ワーケーション」と「モビリティサービス」を組み合わせて、様々な交通手段を必要に応じてワンストップで利用できるサービスが提供されるとのこと。

長野県千曲市「温泉MaaS」

千曲市ワーケーションウェルカムデイズ

長野県千曲市で始まった「温泉MaaS」。同市に拠点をかまえる株式会社ふろしきやと信州千曲環境局、千曲市、長野県が共同で実施した「千曲市ワーケーション体験会」でのアイデアをもとに開発されました。

温泉MaaSは、LINE公式アカウント「千曲市ワーケーションウェルカムデイズ」を介して利用し、タクシー配車やレンタサイクルのウェブアプリと連携してサービスが利用できます。

信州千曲観光局のウェブサイトと連携したワークスペース、観光スポットの案内のほか、問合せ対応サービスなども利用可能とのこと。

千曲市ワーケーションウェルカムデイズ」は、2021年5月22日(土)〜29日(土)の1週間開催。(執筆時点:参加申し込み受付中)

-働き方, 旅行

© 2021 Tomolog Powered by AFFINGER5