新型iPad Proの購入を検討中。自分にぴったりのスペックはどれか。



今日もTomolog(トモログ)をご覧いただきありがとうございます。

仕事や休日の日に必ず持ち歩いているのが、iPad Airt2です。自分の主な使用目的は以下の通りです。

  • Google Driveで職場の書類を閲覧・簡単な編集
  • EvernoteでToDoの確認や書類の閲覧・原稿
  • 会社のホームページの更新
  • メールのチェック
  • 電子書籍(Kindleアプリ)の一覧 など

発売と同時に購入したので、約4年程度使っていることになります。
最近、高負荷の作業時には、特にバッテリーも持ちが悪く、モバイルバッテリーの携帯もかかせません。

それ以外は、特に不満は感じていないのですが、今年の10月にフルモデルチェンジしたiPad Proシリーズが気になるので、購入の理由をまとめてみました。

新型iPad Proシリーズについて

今年の10月にフルモデルチェンジしたiPad Proシリーズ。
今回のフルモデルチェンジで「第3世代」となりました。見た目やスペックなどの他に、Smart Keyboard FolioやApple Pencilも新しくなり、レビュー上では高評のようです。

11型は従来モデルから0.5型程度大きく、12.9インチはボディーサイズが小さく(約25%程度小型化)なり、ほぼA4ノートサイズと同程度のサイズになったので、持ち運びもしやすくなった印象です。

自分にちょうど良いiPadはどれか

上記で述べたように、仕事やプライベートでもほぼ出かける時には、iPadを持ち歩いています。キーボードは、ケースバイケースで持ち物に余裕がある場合は、できるだけ持っていくことにしています。
簡単な文章でも、やはり物理的なキーボードがあると入力作業が捗ります。
まず、第一候補として考えているのが、以下のようなスペック。

モデル 11インチのディスプレイ
仕上げ スペースグレイ
ストレージ 512GB
携帯電話ネットワーク接続 Wi-Fi

ストレージ容量は、512GBあれば十分かと感じています。
主なデータは、クラウドを利用しているので、512GBを選択しようと考えています。

本体は上記スペックで、128,800円(税別)。。。
WindowsOSの高スペックのノートパソコンが購入できてしまう金額ですが。。

Apple Pencilは、第二世代となり、14,500円(税別)。Smart Keyboard Folioは、19,800円(税別)
執筆時点での「本体」「Apple Pencil(第2世代)」「Smart Keyboard Folio」の合計金額は163,100円(税別)です。。。

Apple PencilとSmart Keyboard Folioを購入することでできること

仕事やプライベートで本体の他に、Apple PencilとSmart Keyboard Folioを購入することでできることをあげると。

  • 届いた原稿に修正指示をApple Pencilで記入することができるようになります。
  • 写真のレタッチ作業がしやすくなります。
  • キーボードを別に用意する必要がなくなり荷物が少なくなります。

みたいな感じでしょうか。

正月休みになる前に、アップルストアで実機を見てきたいと思います。
それでは、また◎

[amazonjs asin=”B07K7MBNZ2″ locale=”JP” title=”Apple 11インチ iPad Pro Wi-Fiモデル 512GB スペースグレイ MTXT2J/A”] [amazonjs asin=”B07KR69HH9″ locale=”JP” title=”Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A”] [amazonjs asin=”B07JZYWCTY” locale=”JP” title=”Apple(アップル)純正 11インチ iPad Pro用Smart Keyboard Folio – 日本語(JIS) MU8G2J/A”]