wordpressにアップロードできるファイルの最大サイズを上げる方法[ロリポップ編]



今日もTomologをご覧いただきありがとうございます。

月々のレンタルサーバーの利用料金も500円程度から利用できるようになり、wordpressのクイックインストール機能も付いているレンタルサーバーもあり、wordpressの普及に拍車をかけているようです。

レンタルサーバー利用料を抑えたい方は、
さくらインターネットロリポップがおすすめです。

さて、使っているサーバーの環境にもよりますが、wordpressの管理画面の「メディア」からアップロードできるファイルの最大サイズはあらかじめ限界が設けられています。

ロリポップの場合、アップロードするファイルの最大サイズは8MBとなっています。
今販売されているスマホやデジタルカメラの1枚当たりのファイルサイズは、余裕で5MB近くまでなるので、上限を事前にあげておくと安心します。

また、PDFファイルや画像データもアップロードしたいとなったとき、アップロードのファイルの最大サイズをあげておくとよいですね。

テーマファイル(function.php)をカスタマイズ

@ini_set('upload_max_size' , '50M' );
@ini_set( 'post_max_size' , '50M' );
@ini_set( 'max_execution_time' , '300' );

このコードをfunction.phpに追加することで、アップロードできる最大サイズをあげることができます。
上記の例は、最大サイズを50MBに設定しています。

function.phpを編集する際は、記述を誤ると管理画面が真っ白になるので、編集するまえに必ずバックアップをとります。