ウェブサイト立ち上げに必須な「ドメイン」についての話

ドメイン選びのポイントについて



こんにちは、トモログ管理人です。
今日は、会社のウェブサイト(ホームページ)や自身のブログを新しく立ち上げる際に設定する「ドメイン」についての話をしようと思います。

みなさんは、「ドメイン」をご存知でしょうか?

ドメイン

私のウェブサイトのアドレスは、「https://lifedaa.com」ですが、ドメインは、ウェブサイトのアドレスの「lifedaa.com」の部分がドメインとなります。

ということで、ウェブサイトを立ち上げる際に決めないといけない必須事項でもある「ドメイン」について、話を始めたいと思います。

ドメインとは?

ウェブサイトのアドレス

ウェブサイトには、必ずウェブサイトアドレス(URL)が存在します。

私のウェブサイトのホームページURLは、「https://lifedaa.com」。
このウェブアドレスの「lifedaa.com」を「ドメイン」と呼びます。

Yahoo!なら「yahoo.co.jp」。Googleなら「google.co.jp」がドメインになります。

このドメインは、インターネット上で誰のサイトなのか。誰のメールなのかを識別するための役割を担っています。

インターネットに関する書籍などでは、ドメインをインターネット上の「住所」に例えて説明されます。

ドメインは、これから契約するであろう、サーバー会社やプロバイダなどで、提供される場合もありますし、ドメイン契約代行会社で、自分だけのドメインを登録することも可能です。

会社や自身のサイトであれば、世界で一つだけの「ドメイン」を取得して、使いたいですね。

ドメインの種類ついて

新しいサイトを立ち上げる際には、新しいドメインが必要になってきます。
いざ、ドメインを設定しようとすると、どのようなドメインが適当か迷います。

ドメインには、様々な種類がありまして、

  • com
  • net
  • tokyo
  • shop
  • jp
  • us
  • work

など、種類が豊富。

ドメインの名称の付け方について、私個人の考え方・選び方のポイントを書きたいと思います。

長すぎるドメイン名はNG

これからサイトを立ち上げる方は、おそらくスマートフォン対応で作るかと思います。
スマートフォンでウェブサイトを表示させる際、ドメインが長すぎると、ドメイン名が省略されてしまう場合があり、できれば、ドメインは短く簡潔にした方がよいでしょう。

見てるユーザーは、ほぼドメインなんて気にはしませんが、できればスッキリと表示される方がよいですよね。

SEO(サーチエンジン対策)の影響はほぼない

みなさんがサイトを立ち上げた後に気になるのが、SEO対策。
ドメインに関しては、SEO対策については、ほぼ影響がないと思ってください。

Whois情報公開代行サービスが無料か

ドメインの利用を開始すると、サイト管理者の情報が登録されます。
企業のドメインを「Whois ドメイン検索」などで、検索してもらうとドメインの所有者情報が閲覧することができます。

ドメインを取得する際、Whois情報公開代行サービスを行ってくれるのかを事前に調べてから運用登録を行うようにしましょう。

以上、最初の段階では、上記3つくらいをポイントにし、ウェブサイトのドメインを考えてみるとよいと思います。

ドメインは、世界に一つだけなので、後悔のないドメインを設定したいですね。
それでは。

私が良く利用しているドメイン登録代行「お名前.com」のサイトです。
すでにご存知の方もいると思いますが、こちら一択でもよいくらいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓