最新のmacOS「macOS High Sierra」を無事インストール完了♪

MacOS



平成29年9月26日に公開となった最新のmacOS「macOS High Sieera」。
早速自分のMacBookProをアップデートし、無事最新OSをインストールしました。

インストール後は、どこが変わったかわからないくらいですが、新しく備わった機能は、週末じっくり試してみたいと思います。
因みに今回アップデートしたMacBookProの仕様は以下のとおり。

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
  • プロセッサ 2.5GHz Intel Core i7
  • メモリ 16GB 1600 MHz DDR3
  • グラフィックス Intel Iris Pro 1536MB
  • SSD 1TB

今日は、アップデートはまだ!という方のためにmacOS High Sierraにアップデートする方法を教えます。

1.バックアップをする

これが一番大事。Macに限ったことではありません。iPhoneはiPadもアップデートする際は、必ずバックアップをとりましょう。
Macの場合は、TimeMachine機能がもっとも有効な手段。これ以外は考えられないくらい安心。

2.互換性を確認する

今、macOS Sierraを利用しているユーザーは、基本的にはアップデートが可能のようです。アップデート可能なmacは以下のとおり。

  • iMac(Late 2009)以降
  • iMacBook(Late 2009)以降
  • MacBook Pro(Mid 2010)以降
  • MacBook Air(Late 2010)以降
  • Mac mini(Mid 2010)以降
  • Mac Pro(Mid 2010)以降

空き容量の確保も重要なので、アップデートを期に書類や写真の整理をしましょう。アップデートには、ストレージ容量が8GB以上のスペースが必要のようです。
それと、職場のiMac(Late2009)もアップデートしようと試みたのですが、インストールはできたものの、うまくアップデートができませんでした。メモリは4GB、HDDの容量は十二分にあるのですが、週末メモリを増設して再チャレンジしてみたいと思います。

3.macOS High Sierraをダウンロードする

Mac App StoreのmacOS Highe Sierraのページに移動して「ダウンロード」をクリックし、画面の案内にそってダウンロードする。

因みに僕のMacBookProがmacOS High Sierraにアップデートにかかった時間は、約1時間でした。アップデートの時間は、Macのスペックに依存するので、時間に余裕があるとき、仕事が一段落した夜の時間にお勧めします。

それでは。