MacBook Proの充電に。LED付USB Type-Cケーブルが便利



USB Type-Cの規格に統一されたアップルMacBookシリーズ。
USB Type-Cケーブルに統一されてメリットも多くなったが、従来の専用ケーブルにあった、バッテリーの充電状態が分かりにくくなったことにユーザーの不満があるようだ。

そこで登場したのが、サンワサプライが販売されている「LED付USB Type-C」ケーブルだ。

充電状態が分かりにくいMacBookシリーズの不満を解消してくれる便利アイテム。

サンワサプライLED付USB Type-Cケーブル

写真(サンワサプライ公式)

アップルMacBook用LED付Type-C充電ケーブル

今回紹介するのが、サンワサプライで出しているアップルMacBook用LED付Type-C充電ケーブル「KU-CCP15MAC」だ。

充電中だとMacBook側に挿すとUSB Type-Cの根元に埋め込まれているLEDが光る。
充電状況によって、色がかわってくれるというわけだ。

従来のMagSafeなどは、充電状況をLEDで表示してくるようになっていたが、新しいMacBookは、市販されている従来のUSB Type-Cと同様のケーブル。
なので、満充電になったのか、ゆるく挿さっていて、実は充電されていなかった。などの充電漏れを防ぐことができる。

まとめ

USB Type-Cのケーブルだけを入れ替えすればいいので、MacBookユーザーにお勧めできる商品。
Amazonで1,700円前後で購入できるリーズナブルさ。
コストパフォーマンスも十分な商品だ。

サンワサプライ MacBook用LED付きTypeC充電ケーブル 1.5m USB Power Delivery対応 KU-CCP15MAC

新品価格
¥1,478から
(2020/1/12 21:55時点)