ロジクール「MX Master」に後継機発売

ロジクールMX Master 3



株式会社ロジクールで本日9月27日に、ハイエンドマウス「MX Master 3」が販売されました。

「MX Master 3」は、Master Seriesの最上位マウス。
あるYoutuberがこのマウスをベタ褒めしていて、MX Master 2sを購入したのですが、評価通りの使い心地です。

私の場合、1日10時間以上、PCを操作するので、キーボードも「HHKB」を使用しています。MacBookProを購入してから、しばらくはApple純正マウスを使用していたのですが、手の大きい自分には、合わないのと、何百回とマウスのクリックをする自分は、Appleのマウスのクリック操作がどうしても重く感じるのです。

MX Masterシリーズのマウスを使うようになってから、右手人差し指の痛みがなくなりました◎

今回は、そのMaster Seriesの最上位マウスが、マイナーチェンジ?で販売されました。
近所のケーズデンキやヤマダ電機の店頭には、置いていないようです。
やはりネットで購入した方が早いかもしれませんね。

ロジクールMX Master 3

Image:logicool公式サイトより

MX Master 3と2sの違い

センサー

「不可視レーザー」から「Darkfield」というセンサーに変わりました。
「Darkfield」というレーザー光学技術により、ガラスの上でもマウス操作が可能とのこと。

インターフェイス

「Micro USB」から「USB Type-C」へインターフェイスが変更になりました。
これはうれしい変更点ですが、自分の周辺機器でUSB Type-Cは、今のところSurface Goのみ(涙)

近いうちにメインパソコンを買い換える予定なので、インターフェイスが統一されるのはストレスがなくてうれしい。

スクロール

「Smartshift Wheel」から「MagSpeed電磁気スクロール」に変更になりました。
MX Master 2sでも便利だなと思った機能。大量にスクロールが必要なときに結構使えるんです。
例えば、ランディングページのデザインとか、エクセルとか、コーディング時のスクロールなど。回転が軽くなったようです。

重量

「145g」からMX Master 3は「141g」と若干重量がかるくなりました。
若干本体サイズが小さくなった影響や、スクロールなどの変更による内部設計の違いからでしょうか?

価格

MX Master 2Sは12,750円(税別)からMX Master 3は13,500円(税別)と、販売価格があがりました。

アプリのプロファイルを設定できるのもいいですよ

Appleの純正マウスから、社外品をいくつか買い換えながら使ってきたのですが、あまり高いものは必要ないかなと最初は思いましたが、ボタンに日常的に使用しているアプリのツール機能などを割り当てて使うのは買い換えるきっかけになるメリットだと思います。

MX Master 2Sは、後継機種が販売されたことで、約9,000円程度まで値下がりしています。まだ在庫が潤沢にあるし、MX Master 2Sでも充分だと思いますが、まだ、私自身実機に触れていないので、やはりいつも触れるインターフェイスだからこそ、使用感はとても大事ですよね。

後日、購入したらまた、この場でレビューを記事にしたいと思います。

ロジクール アドバンスド ワイヤレスマウス MX Master 3 MX2200sGR Unifying Bluetooth 高速スクロールホイール 充電式 FLOW 7ボタン windows Mac 無線 マウス MX2200 グラファイト 国内正規品 2年間無償保証

新品価格
¥13,500から
(2019/10/12 22:22時点)