富士通ScanSnap S1300iを購入しました。書類整理がはかどる

富士通ScanSnap S1300i



昨年度から子どもが通っている学校の役員をしている関係上、小学校や属している区、市、県の各種協議会や団体からの案内や書類が多く届きます。

今までは、スマートフォンアプリの「Evernote Scannable」(iOS)を使って書類をスキャニングし、Evernoteへ保存していましたが、一枚一枚撮影して保存するのが面倒。
自動給紙機能が付いているドキュメントスキャナーがずっと欲しいと思っていました。

そこで、検討していたのが富士通のScanSnapシリーズ。更にそのシリーズの中でも「両面読み取り」タイプが欲しいと思っていました。

富士通のScanSnapシリーズは現行5機種(執筆時点)

  • ScanSnap iX1500
  • ScanSnap iX100
  • ScanSnap S1300i
  • ScanSnap S1100
  • ScanSnap SV600

この現行機種の中で、「両面読み取り」タイプは、2機種で、「ScanSnap iX1500」「ScanSnap S1300i」です。
気持ち的には、上位機種の「ScanSnap iX1500」も考えましたが、スペースの問題や大量にスキャニングするような自炊に使うわけでもないので、今回は「ScanSnap S1300i」にしました。

ScanSnap S1300iを選んだ理由

ScanSnap S1300iを選んだ理由は以下のとおり

  • 卓上においても場所をとらないコンパクトな大きさ
  • 両面読み取りが可能
  • USBバスパワー駆動が可能
  • 最大10枚までの自動給紙方式(ADF)

残念な点や改善してほしい点など

  • USBバスパワーを使うとデータ通信用の2箇所のUSBを独占してしまう
  • インターフェースがminiUSB端子

コンパクトな大きさの割に両面スキャン対応

横幅284mm×奥行95mmでA4サイズ用紙を縦に二つ折りした面積よりも小さいコンパクト仕様です。
さらに、両面スキャン対応なので、もらってきた書類はその日のうちに電子化し、Evernoteへ保存しています。

USBバスパワー対応だが問題も

自宅に据え置きで使用しているので、普段は付属の電源アダプターを使用しています。
「S1300i」は、USBバスパワー駆動対応モデルなので、外出先で電源の確保が難しい場合は、パソコンのUSBポートから電源を取ることができます。

ただ、付属のUSBケーブルのパソコン側のポートは、「USB Type-A」なので、「USB Type-C」が主流になってきたので、買い替え時には、変換アダプターなどを使う必要が出てくると思います。

それと、USBバスパワー駆動を使うと、極端に読み取り速度が遅くなります。
これはしょうがないと思いつつ、自宅据え置きと割り切るしかないと思います。

最大10枚までの自動給紙方式(ADF)

私がもらう書類のほとんどは上質紙がほとんどで、まだコート系の用紙はこの機械に通してはいません。
上質紙もほとんど詰まることはなく、自動給紙してくれます。

厚さの違う紙を混在してセットし、スキャンしてもスムーズに給紙してくれます。
ただ、欲張って最大枚数以上の用紙をセットしてみると、途中で紙詰まりを起こしてしまったので、最大セット枚数は守った方がいいようです。

安定感抜群の付属ソフト「ScanSnap Home」が抜群にいい

ScanSnapシリーズに付属してくるソフト「ScanSnap Home」ソフト。
もちろん初めて使ったのですが、これが以外に使いやすくて書類整理に抜群に相性がいい。

全ての機能をここで説明できませんが、学習機能がついているのでスキャンした書類のファイル名を自動でつけてくれたり、メタ情報もつけてくれます。精度にはばらつきがありますが、ほぼなんの書類かは判断するレベルだと思います。

執筆時点で使用期間は、約2ケ月ですが、S1300iを購入してよかったところを記事にしてみました。

富士通 スキャナー ScanSnap S1300i (A4両面)

新品価格
¥24,400から
(2019/8/15 07:39時点)