子ども達に付き合って自分もミニ四駆を購入◎



今日もTomologをご覧いただきありがとうございます。

毎週ではありませんが、子ども二人を連れて、ミニ四駆を走らせに市内のおもちゃ屋さんに行きます。
本格的なミニ四駆コースがあって、日曜日の休みの日になると、お父さんと子ども達で賑わいます。

いつも観る側だった自分も先週の日曜日に1台購入したので、紹介したいと思います。

今回購入したミニ四駆は2017年3月にミニ四駆特別企画で発売されたミニ四駆。
商品名は、「マックスブレイカーCX09ブラックスペシャル」です。

2009年に発売されたミニ四駆の再販モデル。

主な仕様は以下の通り

  1. ABS製スモークカラーボディ
  2. 黒のカーボンスーパーXシャーシ
  3. ABS製ガンメタカラーAランナーパーツ(ギヤボックス等)
  4. 白のハードタイプ大径スリックタイヤ
  5. 黒のカーボン大径5本スポークホイール
  6. ゴムリング付16mmフロントローラー
  7. 専用ステッカー
  8. 4:1のハイスピードギア

なぜこのミニ四駆を選んだのか

  • 塗装なしでもかっこいいボディー材質
  • すでに大胆な肉抜き加工が施されている
  • シャーシがカーボン強化シャーシで丈夫そうだった
  • 低重心でモーターも下部から交換可能でメンテが楽そう
  • ノーマルでもそこそこ早そう(息子達のよりそのままでも勝てそう)
  • 主流でないシャーシを選ぶことで、チューニングの難しさが逆に楽しそう

ミニ四駆は、子ども達と作る楽しみもあっていいですね。

自分が小学生のときと比べもにならないくらい、チューニングパーツも豊富でびっくりです。

Xシャーシは直進安定性や低重心が好評のようなので、その長所を活かしながらチューニングしていきたいと思います。

Xシャーシを組み上げたところ。適度に肉抜き加工が施されています。

ボディーも肉抜きが施されています。