これで子どもとゲーム機の取り合い?終了(笑)ニンテンドースイッチライトが発売

Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)



今日9月20日、任天堂から「ニンテンドースイッチ ライト」が発売されました。

形は「ニンテンドースイッチ」を小型化したようなゲーム機です。完全に携帯化に特化したゲーム機です。

価格とバリエーションについて

価格は、税抜き19980円で、従来型のニンテンドースイッチが29,980円(税抜き)なので、約10,000円安い価格設定になっています。

ただ、従来型のニンテンドースイッチのように、コントローラーが独立したり、Switchドックなどは付属していないので、あくまでも携帯専用となりましたね。

本体カラーは、イエロー・グレー・ターコイズの3色が展開されています。

ニンテンドースイッチライト カラーバリエーション

特徴について

任天堂スイッチライトの特徴は、携帯性。
持ち運びしやすいように、小型化と軽量化が図られています。

従来のニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト
サイズ 横239mm×縦102mm×厚さ13.9mm  横208mm×縦91mm×厚さ13.9mm
重量 約398g 約275g

今後オプションでテレビやモニターに接続するためのアダプターなどがでる可能性があるかもしれませんが、あくまでも携帯モードのみの対応でしょうね。

それと、ニンテンドースイッチライトは、コントローラーは本体と一体になっているので、取り外すことはできないのも特徴です。
振動やモーションIRカメラも非搭載なので、一部のゲーム(タイトル)を遊ぶ際は別にJoy-Conを用意する必要があるようです。

我が家では長男とゲームの取り合いがなくなるかも?

長男は、今「フォートナイト」と「マインクラフト」をプレイしていて、たまに「スプラトゥーン」をやっています。

基本的に遊ぶ時間がかち合うことはほぼないのですが、1台のスイッチに複数のユーザーを登録して遊ぶことの非効率感。必然的に子どもが遊び終わった時間(夜中)とかにプレイする時間がシフトする残念感があり、もう一台スイッチがほしいなあと思っていました。

取り出してすぐに遊べる態勢があるとまだゲームクリアできていないタイトルもクリアまではかどりそう(笑)

ショッピングサイト大手のAmazonでは、9/22到着になっているので、在庫状況は良さそうです。増税前に特に購入したいものがなかったのですが、唯一の家電製品購入に「ニンテンドースイッチ」を購入してみようかと思います。

Nintendo Switch Lite ターコイズ

新品価格
¥21,578から
(2019/9/21 09:55時点)

Nintendo Switch Lite グレー

新品価格
¥21,578から
(2019/9/21 09:55時点)

Nintendo Switch Lite イエロー

新品価格
¥21,578から
(2019/9/21 09:56時点)