子どもたちスキーデビュー。子どもたち思ってた以上に根性あり

スプリングバレースキー場





今日は、小学校3年生と1年生の子どもを連れて、スプリングバレースキー場へ行ってきました。

スプリングバレースキー場

天気は良かったのですが、時折突風が吹いて、雪が吹き付けるコンディションでしたが、激寒という程でもなく子どもたちも「いや」とは言わずに初スキーを楽しんでいました。

スプリングバレースキー場には、自宅から車で約30分程度で着きます。
日曜日ともあって、家族連れが多い印象。休日は中央のゲレンデに初心者用ゲレンデとそり滑り用のゲレンデが仕切られる形で開設されるので、安心して遊ばせることができます。

このゲレンデには、スキーを履いたまま乗れるエスカレーターがあり、リフトが怖がる子どもたちにはうれしい設備です。
ちなみにこの初心者用のゲレンデとそりやチューブ用のゲレンデは入場料が1,000円かかります。(大人と子供同一料金)

午前10時から午後3時まで、途中のお昼休憩以外、みっちりとスキーの練習をしました。
長男は、ほぼハの字でまっすぐ滑って止まることはできるようになり、次回はターンの練習をすることにしました。

二人とも、自分よりはセンスが良さそう。
休日は、自転車に乗って駄菓子屋へ行くのが日課でしたが、休日の楽しみが一つできて、これから楽しみです。

スプリングバレースキー場で長男が滑走

スプリングバレースキー場で長男が滑走

午前中は比較的空いていて練習に集中できました

午前中は比較的空いていて練習に集中できました