ホンダオデッセイハイブリッドアブソルートアドバンスパッケージを購入



中古でトヨタシエンタを購入してから、約10年経過し、走行距離が12万キロになりました。10万キロを超えた頃からエンジンオイルの消耗が激しくなる症状が出始めました。
5,000キロを走り終えると、エンジンオイルが半分も減っていることもあり、長距離運転もできない状況に通勤で車を使用している妻もストレスだったようです。

結婚し、スバルレガシィB4を泣く泣く手放し、妻が運転できる?しやすい車ということで、購入した車ですが、悲しい別れとなりました。。。

祖父母も乗せることを前提に7人乗り以上を探す

  • 7人以上が乗車できる
  • 室内空間にゆとりがある
  • 低重心

トヨタシエンタも7人乗り。実家に帰省すると祖父母も乗ることを考えると、7人乗り以上のミニバンを購入する検討しました。
しかし、子供も大きくなってくると、シエンタサイズだと圧迫感が耐えられないそうです。(妻談)なので、トヨタノアやヴォクシーあたりが、第1候補としてでてきました。

トヨタシエンタを選んだ際は、自分も転職したばかりで、収入も少なかったことから、妻の意見に従うしかなく、シエンタを選びましたが、今回ばかりは自分の意見を主張しようと。。。

候補に上がっていたのは以下の車種

  • ノアハイブリッド(トヨタ)
  • ヴォクシーハイブリット(トヨタ)
  • エスティマハイブリット(トヨタ)
  • オデッセイ2500cc(ホンダ)
  • オデッセイハイブリッド(ホンダ)

候補に上げている車種を見ても分かる通り、基本ハイブリッドで探しました。
年間の走行距離が20,000km以上。通勤で街乗りも多く、これから実家へ帰省することが多くなると、年間の走行距離もさらに伸びる可能性があるからです。

一台ずつ説明していくとくどいので、今回納車したホンダオデッセイハイブリットアドバンスパッケージについて選んだ理由を列記するので、車を選ぶ際の参考にしてほしいと思います。

ちなみに我が家の家族構成は以下の通りです。

自分と妻、小学生の長男と長女の4人家族。2日以上の連休がある際は、実家まで帰省をよよくします。実家までの距離は約180km程度。私の実家から妻の実家までは、距離にして約50km程度。年間の走行距離は、20,000km〜25,000km。

車両価格に一度は断念するも、ホンダオデッセイを第1候補に!