リコー「RICOH GR III(ジー・アール・スリー)が発表に。解像度の高さと手ぶれ補正は魅力。

リコーGR III



予定通り2019年3月15日に「RICOH GR III(リコー・ジー・アール・スリー)が発表になりました。
この発売はとても楽しみにしていました。
自分は、GR IIとPowershot G5Xを使い分けていますが、使い分けの話はまたの機会にするとして、今回発売になった「リコーGR III」に個人的に物欲が刺激される機能について記事にしました。
また、今回、新しく発売された、「RICOH GR III」(2019年3月15日発売)。開発発表でも話題になっていた、解像度の向上と手ぶれ補正搭載が自分的には魅力的ですが、GR IIIを購入するにあたり、GR IIとの違いも整理してみました。

「GRデジタルシリーズ」について

「GRデジタルシリーズ」は、2005年にリコーがコンパクトデジタルカメラとして発売し、現在のGR IIとIIIは、第5世代にあたります。2015年7月17日に発売され、「究極のスナップシューター」がコンセプトとして、ハイアマチュアの方を中心に、人気のあるコンデジです。
「GR II」は、ズーム機能や手ぶれ補正機能もないコンデジです。コンパクトなサイズながら、中級機一眼レフにも搭載されているAPS-Cサイズのセンサーを搭載されているのが、特徴です。

外観やデザインについて

サイズ

今回発売になった「GR III」ですが、幅、高さ、厚み共に、「GR II」より、コンパクトになりました。
ただし、カタログを見ると、質量が若干(6g)増えています。

液晶パネル

「GR III」からタッチパネルに対応になりました。
オートフォーカス枠の移動や撮影画像の拡大などができるようになり、撮影前後のピントの確認が直感的にできるのは、便利かもしれません。

内蔵フラッシュの排除

「GR III」は内蔵フラッシュが非搭載になりました。
まあ、たしかに「GR II」では、内蔵フラッシュを使ったことはありません。
自分の場合、フラッシュ撮影が必要と感じる場合は、一眼レフにスナップオンストロボか、別のコンデジを選んでしまいます。

コネクター

「GR III」は、外部映像出力が可能な「USB Type-C」に変更されています。
「GR II」は、「USB 2.0」と「HDMI」が採用されていましたが、自分の場合、画像の転送には、アプリを介してiPhone XSmaxに転送後、Google フォトへ保存しています。

操作性について

「GR III」は十字キー外周にコントロールダイヤルが新たに追加されました。
「GR II」の時の露出補正のボタンはどこにいってしまったんだろ。。まだ「GR III」が手元にないので、ここは気になるところです。結構常用していたので。。

機能や主な特徴の違いについて

イメージセンサー

「GR II」と「GR III」の大きな違いとなった、センサーの画素数。「GR II」は、1620万画素のAPS-Cセンサーだったのに対し、「GR III」は2424万画素に大幅に向上しました。
画像処理の要でもあるイメージセンサーも新型になり、ダスト除去機能も追加されているようです。

手ブレ補正

「GR III」の大きな特徴となった、手ぶれ補正機構。
「Shake Reduction」機能と呼ぶようです。
3軸(ヨー・ピッチぶれ、回転ぶれ)の補正で4段分の効果を発揮する手ぶれ補正は、暗所でも効果を発揮しそうです。

内蔵メモリー

「GR II」は内蔵メモリーが約54MBありましたが、「GR III」は約2GBに向上。

Bluetooth

「GR III」は新しくBluetooth機能が搭載されました。
「GR II」の時は、wifiでスマートフォンと接続していましたが、Bluetooth機能を搭載したことで、スマートフォンとの常時接続が可能になり、撮影した画像の位置情報も記録できるようになりました。

「GR III」になって、省かれた機能について

TAvモード

「TAvモード」が搭載されているカメラは少ないと思いますが、GR IIにはあった「TAvモード」が省かれています。
「TAvモード」は、シャッタースピードと露出をマニュアルで設定。ISO感度がオートになる機能です。

全自動モード

GRシリーズのマーケットは、ハイアマチュア以上。そのことを考えると、全自動モードの利用割合はほとんどないのかもしれません。自分もシャッター優先モードをよく使います。全自動モードはほとんど使いません。「GR III」は全自動モードが排除されました。

エフェクト

発表時点では、「GR II」にあったエフェクト機能が省かれています。
ちなみに、「GR II」では、白黒・白黒(TE)、クロスプロセス、ミニチュアライズ、シフトクロップ、ハイキー、明瞭コントロール、光沢コントロール、雅、人物

背面の露出補正ボタン

背面に縦型の露出補正ボタンが省かれました。
私的には、露出補正ボタンを結構使っていたので、「GR III」になってどのような使い勝手になったのかを実機で試してみたいです。

内蔵フラッシュ

ポップアップ式のフラッシュが省かれました。

HDMI端子

HDMI端子が省かれ、USB C端子のみとなりました。

まとめ

私的には、画素数の向上とISO感度の向上の2点が買い換えをする動機になり感じです。
手ぶれ補正は、シャッタースピードが稼げない暗所では、ほしい機能ですが、手ぶれ補正に頼ってばかりではいけないと思っています。しっかりと構えてシャッターを切るという一連の動作を大事にしたいと思っているから。
新しい「GR」。気になります。
それでは、また。
GR III
GR II
有効画素数
約2424万画素
約1620万画素
撮像素子
原色フィルター/CMOS、サイズ:23.5mm×15.6mm
23.7mm×15.7mmサイズCMOS、総画素数約1690万画素
レンズ
4群6枚(非球面レンズ2枚
5群7枚(非球面レンズ2枚、18.3mm(35ミリ換算で約28mm相当)、F2.8〜16
外形寸法
約109.4(幅)×61.9(高さ)×33.2(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
約117.0(幅)×62.8(高さ)×34.7(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
質量(重さ)
約257g(電池、SDメモリーカード含む)/約227g(電池、SDメモリーカード含まず)
約251g(電池、SDメモリーカード含む)/約221g(電池、SDメモリーカード含まず)

RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041 + SanDisk エコパッケージ サンディスク ウルトラ SDXCカード 64GB Class10 UHS-I 読取り最大40MB/秒 SDSDUNH-064G-GHENN 10年保証

新品価格
¥110,821から
(2019/8/8 06:13時点)