ニコン初のフルサイズミラーレス一眼「Zシリーズ」が予約開始されました

ニコンNikon Z7






今日もTomolog(トモログ)をご覧いただきありがとうございます。

今日は第四土曜日で仕事は休みです。
さて、カメラ関連のニュースで話題になっているのが、ニコン(Nikon)初のフルサイズミラーレス一眼が登場されるニュース。

自分も「Nikon(ニコン)D700を譲ってもらったけど、どんなカメラ?」で書いたとおり、昨年、父から譲ってもらってからは、50mm単焦点レンズを購入し、出かけるたびに持ち歩いています。

しかし、D700は本体重量が約1kg(995g)とかなりの重量級。
標準ズームレンズをつけると、紐が肩や首に食い込む重さです。。

キヤノンはAPS-Cサイズの一眼レフは持っていましたが、フルサイズはじめて。早くキヤノンの一眼レフカメラをほしいと思っていますが、今はD700で我慢している状況です。

話はそれましたが、ニコン初のフルサイズミラーレスいいですね~~。
父親はそんなのいらん!と言ってましたが、撮影後の現像やレタッチが苦手な父親には、撮影時に映像が確認できるメリットは大きいような気がします。

今回は新しい「Zマウントシステム」を採用

今回ニコン(Nikon)から発表されたフルサイズミラーレス一眼は2機種が発表されました。
高画質モデル「Z7」、オールラウンドモデル「Z6」です。この2機種と同時にZマウントレンズ」3本を発表しています。
従来発売されているAFやAEのレンズは、マウントアダプターを装着することで、互換が可能です。

高画質なミラーレス一眼。これは試してみたいですね◎