今日の絵本「三びきのやぎのがらがらどん」

三びきのやぎのがらがらどん



今日もTomologをご覧いただきありがとうございます。

仙台は、連日の猛暑。さすがに辛いですね。。
みなさんも熱中症にはくれぐれもご注意ください。

さて、先日義理の母親が孫に絵本を買ってきれました。

なんと発売日が1965年7月(昭和40年)に発売された絵本です。
小学生の子ども達がとても気に入っていたようです。

今回ご紹介する絵本は、「三びきのやぎのがらがらどん」です。

橋の向こう側の山で草を食べようとしている3匹のヤギさん。小さなヤギと中ぐらいのヤギ、大きなヤギの3匹の名前は「がらがらどん」
橋がかけられた谷には、トロル(おに)が住んでいます。

山には、この橋を渡らないと食べにいけないヤギは、小さいヤギから橋を渡ろうとします。
ヤギ(がらがらどん)は、無事に橋を渡りきり、草を食べることができるでしょうか?

年長の子どもでも特に怖がることもなく、「読んで」とおねだりしてきます。
世界傑作絵本シリーズにもなっている「三びきのやぎのがらがらどん」。どうですか?

[amazonjs asin=”4834000435″ locale=”JP” title=”三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ)”] [amazonjs asin=”4898110290″ locale=”JP” title=”三びきのやぎのがらがらどん (CDと絵本)”]