年に一度は災害備蓄品のチェックをしよう

防災グッズ



今日もTomologをご覧いただきありがとうございます。

東日本大震災から約6年。その後も、台風や大雨などによって、様々な被害が多い島国日本ですが、私の家でも災害に備えて備蓄品を揃えておくようになりました。

年に一度は食品や生活用品の備蓄品をチェックし、災害に備えています。
ホームセンターやネット通販でも手軽に購入できるようになりましたが、参考までにブログで紹介したいと思います。

災害に備えて、備蓄品をチェック!

【家族構成】夫婦、小学低学年1、保育園年長1の4人家族

食品

  • 水(飲食用・調理用など)2リットル×12本
  • 無洗米5kg、レトルトご飯6個
  • 乾麺1パック、インスタントラーメン3個
  • 缶詰(さばの味噌煮、野菜など)各6缶
  • 缶詰(果物など)6缶
  • レトルト食品10パック
  • 野菜ジュース9本
  • 飲料500ミリリットル×6本
  • 菓子類3個
  • 栄養補助食品3箱、健康飲料粉末1袋
  • 調味料(しょうゆ、塩など)一式

生活用品

  • カセットコンロ1台、カセットボンベ6本
  • 簡易トイレ約30回分
  • 懐中電灯2個
  • 乾電池
  • ラジオ(手回し充電式など)
  • 大型ビニール袋・ゴミ袋 各30枚
  • ビニール袋
  • 救急箱
  • ラップ1本
  • 常備薬・市販薬 各1箱
  • ティッシュペーパー5パック入り×5個
  • トイレットペーパー12ロール
  • 除菌ウェットティッシュ1箱(約100枚)
  • 使い捨てコンタクトレンズ1カ月分
  • 使い捨てカイロ10個
  • 点火棒
  • 携帯電話の予備バッテリー
  • ラテックス手袋(約100枚)
  • 生理用品
  • 水入れタンク10リットル×4個
  • 台車(水入れタンクを運ぶのに使います)

上記を最低限あった方が安心かなあといったところ。
家族構成にあった必要なものを揃えましょう。

それではまた。