週末のお出かけにも利用できる?NTT docomoがモバイル空間統計人口マップを無償提供

モバイル空間統計人口マップ



仙台も緊急事態宣言が解除され、その後は公式には感染者は出ていませんが、他府県では感染者の情報もあり、なんとなく覚悟しながらの生活を続けていかないといけない感じかなと思っています。

今週末は宮城県内も天気がいいようなので、近場の温泉地にも出かけたいという気持ちがありますが、皆さんはどのように休日を過ごされていますか?

さて、NTTdocomoでは、携帯電話のネットワークの仕組みを利用したモバイル空間統計マップの提供をしています。
そのモバイル空間統計人口マップを来年2021年3月31日まで無料で利用できるサービスの提供を始めました。
ただし、一般の私たちが利用できるのは、500mメッシュの分布統計のみですが、約1時間前の混雑状況を見ることができるサービスです。

ちなみに、企業や自治体の施策用での利用には、もっと細かいメッシュの分布統計のほか、動態統計、人口増減、性別や年代別、居住エリアの設定が可能なサービスがあるようです。
(一度見てみたいですねえ〜・・)

普段の生活でどのように利用できる?

無償提供されている「モバイル空間統計人口マップ」は、人口の増減のみ。
かつ1時間以上前のデータなので、例えば、翌週の日曜日に目的地に出かける予定があるならば、同じ曜日の同じ時間帯の人口マップを参考にすると、混雑状況がヒートマップで見れる。

もちろん、イベントの有無や天候の有無にも左右されるし、500mメッシュなので、ピンポイントにその場所の混雑状況を把握するには、どうかな・・と思いますが、参考にしてみてもよいかもしれませんね。

無償提供なので、欲は言えませんが、人口マップは「前年」と「リアルタイム」の2設定のみ。
日時をもう少し選べると面白いのになと思いました。

それでは、ソーシャルディスタンスを守って、良い週末をお過ごしください。

【公式】モバイル空間統計|NTTdocomo[https://mobaku.jp/]
モバイル空間統計人口マップ[https://mobakumap.jp/]

モバイル空間統計人口マップ