Nikon(ニコン)D700を譲ってもらったけど、どんなカメラ?



今日もTomolog(トモログ)をご覧いただきありがとうございます。

先日の連休に実家へ帰省していました。
隣町では、お盆祭りの真っ最中でした。何年振りかで行きましたが、子供達も楽しんでくれたようです。

さて、自分はキヤノンユーザーです。一眼レフ2台にコンデジ1台を所有しています。
そのため所有しているレンズや備品類は全てキヤノンで使えるもので揃えています。

そして自分の父親は写真撮影を趣味にしています。
カメラクラブに所属しており、一年を通してクラブ仲間と活動しています。

その父親からお古の一眼レフを譲ってもらいました。
それが、これ。

Nikon(ニコン)D700。フルサイズCMOSセンサー搭載(1210万画素)

なぜくれたのか。ですが、最近ニコンでNikon(ニコン)D850が発売されました。
今父親がメインで使っているのがNikon(ニコン)D810を使っています。
ほとんどNikon(ニコン)D700の出番が少なくなったのが、譲る判断になったようです。

Nikon(ニコン)D700の背面

使用頻度が高かったとはいえ、外観が大きな傷もなく綺麗な状態です。

Nikon(ニコン)D700の背面

Nikon(ニコン)D700のメディアスロット

CFカードを挿入する部分。現行の上位機種になると、2枚挿入が主流ですが、D700は1枚差しです。

Nikon(ニコン)D700の左側側面

本体の左側側面。HDMI端子、VIDEO端子、USB端子にDC入力端子になっている。

AF-S VR Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6G IF-ED

なんと、ズームレンズをつけてくれました。
Nikon AF-S Zoom-Nikkor 24-120mm f/3.5-5.6 G IF-EDです。

こちらもすでに販売はしていない商品ですが、広角域から望遠まで対応できるレンズなので、当分はこちらで試し撮りをしてみたいと思います。

Nikon(ニコン)D700はすでにメーカーサポートを終了しているのが残念です。
販売から10年以上経つのに、中古機の相場が61,980円〜79,800円(2017年10月※参考:価格com)というのが驚きです。

大事に使っていきたいと思います。
それではまた。