HUAWEI MediaPad M5 Proを購入しました

HUAWEI MediaPad M5 Pro11



毎日持ち歩いているiPad Air2がとうとう寿命のようで、バッテリーが満タンになっていても突然電源がシャットダウンする現象が頻繁に発生するようになりました。

2014年の冬に購入してから約5年ほど使ったので、それまでは大きな故障もなく、仕事やプライベートでもかなり活躍してくれました。
次の機種はやはりiPad Pro11インチにしたいと思っていますが、いろいろと買いそろえると15万円近くになるので、まだ妻の了解が得られない状況。。(へそくりが貯まるまでの辛坊です。。)

iPad Pro 11インチを購入するまでの間、Androidタブレットを使ってみたい

iPad Pro11インチは、夏くらいに購入する予定ですが、iPad Proと同じくらいに気になっている機種がHUAWEI MediaPad M5 Pro 10.5インチ(Androidタブレット)です。

AmazonやYodobashi.comでもレビュー評価の高さが気になっていました。
価格は、iPad Pro11インチモデルのほぼ半額の値段。ベンチマークのスコアは圧倒的にiPad Proの方が上ですが、このスペックのものが50,000円で手に入るのはうれしい。

Googleのアプリを使っているので、導入には躊躇はなし

iPad Air2やiPhone XSmaxでも、スケジュール管理やメール、MacbookProとのデータ共有、写真共有も全てGoogleのアプリを使っています。
なので、機種やOSが変わっても、導入には基本問題はありません。

自分がiPad Air2やiPhoneXSmaxにインストールしているアプリは以下のとおり

  • Gmail
  • Googleドライブ
  • Googleフォト
  • ドキュメント
  • Google広告
  • スプレッド
  • フォトスキャン
  • マイビジネス
  • Analytics
  • 翻訳
  • Google Earth
  • Googleカレンダー
  • Googleマップ

書き出してみると、Googleのサービスにかなり依存しているのがわかる。。。
ということで、市内の家電量販店で実機を手に取り、躊躇なく購入に至りました。

HUAWEI MediaPad M5 Pro10.5の気に入った点

  • 体感的にアプリの起動や動作が速い(気がする)
  • MicroSDカードが使える
  • スピーカーが4つ。音はとても綺麗。
  • タッチペンが高い実用レベルで使える
  • 大容量約7500mAhのバッテリー

体感的にアプリの起動や動作が速い(気がする)

iPad Air2と比べてはいけませんが、アプリの動作がスムーズ。
CPUは、「HUWEI Kirin 960オクタコア」です。オクタコアは、データ処理を行うコアが8つ持っているという意味です。処理能力の早さはこれから体感していきたいと思いますが、50,000円前半の価格でオクタコアのCPU搭載の機種が買えるとは時代かな〜と感じました。

スピーカーが4つ。音はとても綺麗

「HUWEI史上、最高の音と映像」とうたっているだけあって、音は申し分ないくらいいい。
ただ、低音域が出にくいところがデメリット。だけど、下手なBluetoothのスピーカーよりは断然音がいい端末です。