Canon PowerShot G5Xを購入したのでレビュー

Canon PowerShotG5X外観



私は普段Canon EOS60Dを仕事時は商品撮影や式典などのスナップ撮影、プライベートでは、子どものスナップ撮影で使用しています。

今でも仕事でも十分なスペック。子どもと一緒に行くイベントや公園への散歩にも一眼レフ一台を持って行きます。
でも、子どもから抱っこやおんぶをせがまれるとショルダーバックや一回り大きいポーチが必要になります。さらに、おやつや飲み物と一緒にカメラが一緒になることを考えると、とても不安です(汗)

コンパクトデジタルカメラを購入するなら実機を展示している量販店へ

コンパクトデジタルカメラを過去に2回購入しています。コンデジを購入する時は必ず実機を展示している家電量販店へ行きます。
コンデジの場合、大きさやボタンの配置などによる操作性、絞りや開放値ダイヤルの有無などを見ます。コンデジの場合、同じメーカーであっても結構設計が統一されていないことが多いので、手に持ったときの感じはとても大事だと考えています。

カメラコーナーを回ると、カメラ女子のコーナーがあったり、コンデジとスマホの解像度の違いを紹介するコーナーがあったりと、やはりコンデジのシェアはスマホに変わってきてるのだなと、世相がかなり反映された売り場作りになっていて、勉強になります。
見て回ったあと、以前から気になっていた、Canonコンデジコーナーで色々と手に持って試し撮りなどをしました。
説明してくれた店員さん。なんと自分と同じ苗字で運命を感じました(笑)

前置きがかなり長くなってしまいましたが、1.0型センター搭載のCanon(キヤノン)コンパクトデジタルカメラを購入することにしました。

Canon PowerShot G5Xの気に入った点

デザイン

一眼レフをぎゅーっと圧縮したような外観。大人の手にもしっかりと馴染む様なフォルムが気に入りました。

大きさと重量

Nikon CoolpixP300よりも重量はもちろん重いですが、一眼レフと比べたらもちろん軽い。カバンに入れて持ち歩くにも耐えられる大きさと重量です。(ズボンのポケットには、少し無理)

画質

f値1.8の明るいレンズ。写真は自然な仕上がりな印象です。

操作性

多様する露出ダイヤルと電子ダイヤルが独立していて、とても操作性は良好。
メニュー画面もキヤノン一眼レフと共通したインターフェイスで迷わずに使えます。

バッテリー

バッテリーの持ちは良いとはいえません。でもこのバッテリー容量で300枚近く撮れるなら問題ないレベル。
不安がある人は予備のバッテリーを購入することをお薦めします。

液晶

もともとCanon(キヤノン)ユーザーなので、次に買うコンデジはCanonだなと考えていましたが、このカメラを購入する一番の決めてとなったのは、電子ビューファインダー。ちゃんと構えて撮りたい派の自分には、ファインダー付きが欲しかったのと、単純に電子ビューファインダーのカメラを使ってみたかったの2つの理由がありました。

そんな感じで、新しく購入したCanon PowerShotG5X。
出番が増えそうです◎

Canon デジタルカメラ PowerShot G5 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG5X

新品価格
¥58,600から
(2019/8/8 21:23時点)

ぼろフォト解決シリーズ076 絞り優先でカメラはもっと楽しい Canon PowerShot G5 X 脱・初心者マニュアル