Canon PowerShot G5Xにレンズ保護フィルターを付けたけど問題が発覚!

Canon PowerShotG5X外観



こんにちは、Tomolog管理人のトモです。

先日、Canon PowerShot G5Xを購入したことを報告しましたが、「トイデジ系レビューサイト変デジ研究所」で紹介されていた「CarrySpeed MagFilter Threaded 52mmUVアダプター」を購入しました。

PowerShotG5XにCarrySpeedMagFilter 52mmを付けた場合の外観

CanonPowerShotG5XにCarrySpeedFilter 52mmをつけるとこんな感じです。
変デジ研究所にも記載があったように、アダプターにKenkoレンズフィルターPRO1Dプロテクターをつけると広角側だとケラれます。
なので、レンズ保護フィルターは、薄型を買うまでの辛抱です。

今回、Amazonで購入したものは以下の通りです。

  • Carry Speed MagFilter Threaded 52mmUVアダプター:レンズに接着してフィルターとかフードを付けるパーツです。
  • GoodProduct広角用レンズ薄型メタルレンズフードねじ込み式ブラック52mm:上の写真でいうレンズ先端部分。レンズフードです。
  • kenkoレンズフィルターPRO1Dプロテクター:これはレンズ保護用。(広角側だとケラれるのでおすすめしません。)

以上。

MagFilterの赤い枠がブラックとの相性が抜群でかっこいい。
でも、せっかくのパーツなのに、落とし穴がありました。。。

昨日、初めてアダプターを付けて出かけました。
しかし、日中の気温で粘着部分が柔らかくなりアダプターがずれてしまう現象が。。(泣)

更に接着剤の成分がレンズ周りにべっとり。。。(涙)

Canon PowerShot G5Xのユーザーさんは、少し注意が必要です。
私は、このべたべたをとるのに1時間かかりました。。

この時用意したのが、以下の道具類。

  1. シールはがしスプレー:泡タイプのもの
  2. レンズクリーナー:ティッシュは埃が出やすいのでNG。
  3. ピンセット:固着した粘着剤をつまむもの
  4. 綿棒:シールはがし剤を拭き取ったりするもの

もし私のような状態になったら焦らずにじっくりとやりましょう。もちろん、直接シールはがしスプレーを本体にかけては絶対ダメです。綿棒に染み込ませてペタペタしてべたべた部分にゆっくりあててはがしましょう。※全て自己責任です。自身が無い方は、メーカーに依頼することをお勧めします。

Carry Speed MagFilter Threaded 52mm UV アダプタ Sony ソニー DSC-RX100 III/ HX9V / HX20V / HX30V / キヤノン G12 / G15対応 [並行輸入品]

新品価格
¥8,864から
(2019/8/8 21:41時点)

Canon デジタルカメラ PowerShot G5 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG5X

新品価格
¥58,600から
(2019/8/8 21:42時点)