アップルは、MacBook Pro 15インチのリコールを発表。国内は約2万台

MacBook Pro自主回収プログラム



Appleが、15インチMacBook Proの一部でバッテリーが過熱する恐れがあるということで自主回収を行っています。
対象製品は、日本国内で約20,343台あると経済産業省が発表しました。



今まさに自分がメインで使っている…

Appleは現地時間6月20日、2015年9月から2017年2月に販売されたMacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)の一部で、バッテリーが過熱し、出火などのおそれがあると自主回収を開始。

今まさに自分のMacbook Proが対象機種になっています。
でも、ここで注意が必要。対象モデルが該当機種でも、シリアルからさらに対象機種を調べることができます。

もし、該当機種か調べたい方は、アップルの公式サイトへアクセスし、シリアルを入力すると自分のPCが該当機種がすぐに結果を知らせてくれます。

15インチMacBook Proバッテリー自主回収プログラム[Apple公式サイト]

自分のMacBook Proは該当機種外でした(汗)

シリアル番号の調べ方は、Apple公式サイトでも案内されていますが、画面左上の「アップルマーク」→「このMacについて」

そうすると、MacBookのスペックと一緒に「シリアル番号」が出てくるので、そのシリアル番号を入力してあげると、即座に該当の有無が出てきます。

MacBook Pro自主回収プログラム

とりあえず、該当機種にあたらなくてよかったです。
でも、日本国内の約2万台って少ない印象ですが、こんなものなのでしょうか?

今使っているMacBook Pro 15インチモデルは、HDMI端子やSDカードも刺さるモデルなので、職場でも自宅でも毎日持ち歩いて使用しているメインマシン。
1〜2週間の修理でなくなるのはとても痛い。。というか、代替えのマシンを購入しないといけないなと思いました。

でも、バッテリー交換修理と出ているので、いつかは交換修理に出さないといけないなと考えています。
Apple仙台一番町店が閉店する前にしておけばよかったと後悔。。