iPhoneがカバンの中にあってもMacで電話するのが結構便利。



今日もTomologをご覧いただきありがとうございます。

さて、職場で作業することが多くなり、会社に固定電話があるのに、最近はお客からは自分のスマートフォンに電話が来ることが多くなりました。
その影響もあり、会社の固定電話の通話料は数年前に比べて半分以下になりました。

会社でMacを使って作業しているときは、MacBookProで電話をかけたり、かかってくる電話に対応しています。
MacBookProで電話を受けるメリットをあげると

  • ハンズフリーで電話をかけたり、受けたりできるので、両手が塞がることがない。
  • MacBookProは、ノイズキャンセリングマイク搭載なので、通話がクリア
  • 相手がIP電話(Skypeなど)に契約していなくても電話が可能。
  • 通常の電話回線で通話が可能 など。
  • 作業に没頭していても、画面に着信表示がでるので、着信を見逃さなくなる。

1.iPhoneの設定

iPhoneの「設定」→「電話」から「ほかのデバイスでの通話」を選んで連携するMac又はiPadを選びます。

同じAppleIDが設定されているデバイスも表示されます。
すべてのデバイスをONにすると、電話の着信があると、一斉に着信音がなるので、ハンズフリーをしたいデバイスだけをONにします。

自分は、職場でiMacを使っていますが、iMacは着信履歴などを残したくないので、OFFにしています。

2.Macの設定

Macは、Facetimeソフトの「環境設定」を開きます。
「iPhoneから通話」にチェックを入れます。

以上で、設定は終わりですが、iPhoneとMacは同じWifi環境下にあることが必要なので、注意が必要です。

iPhoneに電話がかかってくると、通知バナーが表示されます。
ようするに、iPhoneにかかってきた着信が、Macに転送されます。

3.AirPodsやイヤホンとの併用でプライバシーも確保

Macで着信すると、相手の音声は基本的にMac本体のスピーカーから音がでます。
仕事の話ならいいのですが、家族や知人からの電話を職場のスタッフに聞かれたくないという方は多いと思います。

そのような時は、MacにAirPodsやイヤホンを接続することで、スピーカーからの会話はイヤホンのみで聞くことができます。

それでは、また!

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

新品価格
¥18,480から
(2019/10/22 19:06時点)

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック

新品価格
¥33,427から
(2019/10/22 19:06時点)